与一のお気に入り記事

5/9㈫ JKMAXゴールデンウィークお疲れ様店番飲み会in池袋

GWも無事終わり池袋にて池袋本店、新宿店、横浜店、錦糸町秋葉原店の各スタッフ合流の元打ち上げを兼ねた懇親会がありました!!

各店舗スタッフの投稿もとてもおもしろいので見てください!


新宿店、池袋店番 さくたろうさん



池袋店、JKMAXグループBIGBOSS 桑田さん

桑田の休日 日報【2023/5/9㈫】第4回 JKMAX男性スタッフ飲み会🍺









当日飲み会集合前

前日の営業で手応えを感じていた事もありぐっすり寝れたので朝8:00起床。
土日の分の紹介文を作成しつつマッサージに行ったりラーメン食べに行ったり。
6月の引っ越しもあるため家賃が一時的に二重に掛かる事を考えてお小遣い稼ぎをしたり。


そんなこんなで22:00になったので池袋へ向かう。







一次会

今回場所取りを自分がしたのでとりあえず一番乗り。

前回同様撮影も入るためお座敷かつパーテーションというか個室のように出来るよ言われて来たのにお座敷は23時までなんですよー^^;と店員さんに言われる。
いやいや予約の時座敷とテーブル両方あるからどちらか来た時選んで言うてたやんけ!!!!!

テーブル個室に案内されるも4人がけ×2席、しかも席の配置が横並びではなく斜めに2席という撮影に全く向いていない間取り。
絶望を感じつつもトラブルと遊べの言葉を盾に他スタッフの合流を待つ。

ロミオさん、バルさん、さくたろうさん、PONさんと順々に集まり各々なーにやってんねん!といった表情を感じつつも注文。
小話しつつBIGBOSS桑田さん登場。
あれ?これで全員?と思っていたらグループラインにセイさんが入っていなかったようで震える。セイさん・・・すまぬ・・・すまぬ・・・!
撮影用サングラスを忘れていた桑田さんが戻って取ってきたところでスタート!

テーブル配置上話し相手が偏ってしまったりもしたが、さくたろうさんが雀魂で親倍上がりしてヘブン状態になっていたり刃牙ネタで爆笑したのを何故か鮮烈に覚えている。



例年のGWはどんな事件?出来事?があったかなんて話は桑田さん、さくたろうさん、バルさん中心に思い出話として盛り上がった。
今年は本当に何事も無く終わったので良かったという感想も。


各支店どんな色になっていきたいかという話もあった。
新宿店 セクシーなお店、とは言ってもまだまだ手探りだしまずはエース参上を祈りながら待つ(さくたろうさん)/自由度の高さを売りに、黒髪清楚とかにとらわれず派手髪とかもウェルカム(与一)
横浜店 地域柄を活かして黒ギャルとかも入れてみたい、海の家チックな夏は黒ギャル推しのような季節感があっても面白いのではないか(バルさん)
錦糸町店 とにかくエロをベース、店長のエロを良い意味でコミットしつつJKMAXいちエロいお店を目指す(PONさん)

まだまだ各支店在籍が少なく求人面、集客面と課題もある中でとにかく今はお客様に絶対的にオススメ出来るキャストさんの登場を待つという結論へ。

新宿店の話をすると今まさに待望の「また会いたくなるキャスト」が現れた。それがつむぎさん!

つむぎさんの良さって本当になんていうか混じり気の無い素人感と、いつまでも抜けなさそうな緊張感、接する機会が増えて距離感が縮んでいった時どんな風に変わっていくのかな?と楽しみにさせてくれるところが魅力だと思う。
何より多趣味というか、趣味の話を聞くと男性は「おお!!」と思う事間違いなし。
そこらのアニメが好きですーゲームが好きですー!のような量産型リフレ嬢とは全く違う趣味なので是非会って聞いてみて欲しい。
趣味への情熱もかなりのもので共感出来たり興味があれば深掘りしていっても楽しいと思う。
コスプレは少し恥ずかしいと言いつつも前回出勤の時は制服姿を披露してくれたりとまだまだ魅力的なところはたくさんありそう。




話は逸れたけど一次会はこんな話が多かったかなー?
2時間制ということもありまだまだ話足りないよね!ってことで二次会へ。









二次会

男6人でシーシャバーへ。

ここからはお酒の勢いや見渡しの良い店内配置ということもあって各々話したいことを話したい人と。
というより好き勝手与一が話しすぎたり店員のお姉さんがエロ過ぎてずっと見ていたりで記憶が定かではないのでYouTubeが上がったらしっかりと確認しよう。

覚えている範囲で印象的だった話。


バルさんとPONさんと話していたキャストマネージメントについて。
ある程度出来上がっているキャストさんの台頭はもちろんなのだが、底上げも必要。
わからないことをわからないまま楽しむ事がリフレの魅力ではあるけど、必要最低限の事は教えてあげたり助けてあげる事が大事。
困った時には手を差し伸べて、モチベーションのある子にはどうすれば売上が上がるかをアドバイスしてあげる。
もちろん意欲も無く惰性で働くようなキャストには相手はせず頑張る姿勢が見られる子には一定の水準まではサポートしてあげてそこから自身のやり方を見つけてあげると良い。
そんな話をした。


バルさんはきっと人に教える事を今までしてきたからこそ教える楽しみとか、そういった考え方がとても共感出来た。
お酒の飲み方といい体育会系で育ってきた事が全面に出てるのがよく分かる!
水商売とかやったら有能黒服に間違いなくなると思う!


桑田さんとバルさんの馴れ初めや店番始めたばかりの頃の思い出話は歴史あり!って感じで羨ましかった。
ジムで教えていた相手が急に上司となって激怒されるってどんな境遇!?と爆笑したけれど、これも出会いの一つだし忘れられない人生の一部だよなーと!
さくたろうさんが先日自分に対して、音を上げる事無く続けてどんな事を注意しても聞いてくれる。だから与一と一緒に仕事が出来る。と話してくれた。
桑田さんとバルさんの話を聞いていたら内容こそ違えど本質的には似ている気がして今JKMAXを楽しみながら仕事している人達はみんなそんな一面があるのかなとふと思った。


さくたろうさんは席が対角だったからガッツリと話せた訳ではないけど、普段から一緒に考えている事を都度都度話せているので
今回はお互い他店舗との交流をメインにしていた気がする。


印象的だったのは店員のお姉さんとお姉さんのタトゥーについて話している時

姉「私胸にもタトゥー入れているんですよー!」
さ「1万円払うから見せてー!」
姉「えー余裕で良いですよー!!www」
さ「よーしセントラル行っちゃうかー!!wwww」

って会話が面白すぎて爆笑してた!


広告についての話を桑田さん、さくたろうさん、バルさんがしていた事も覚えている。
色々な媒体に手を出してみたけど、更新は3ヶ月しか続かなかった。(モチベや結果含め)

これは多分参考に出来るところがどこにもないからな気がする。

水商売であればポケパラやキャバキャバ、ナイスタ、パラダイスネットやシティーヘブン等媒体も多いし、何よりたくさんの店舗が利用しているため比較参考にしやすい。

リフレ業界で言えばってなると正直思いつかない。もえなびくらいか?

これは多分利用者層の認識も同じでポケパラやシティーヘブン見てその地域のキャバクラやおっぱぶを探すことはあってももえなびを見て派遣リフレや店舗型リフレを探すってことは無いように感じる。
どちらかと言えばGoogleで「新宿 りふれ」やTwitterで同様に検索してヒットしたサイトを直接調べることが主流だからだ。
店舗数が水商売とリフレじゃ絶対的に違うからこそ調べ方に差があり結果が出ているのではないかと思う。

でもどうなんだろう、広告サイトにかなりコストを掛けているお店もあるようだし。
コスパが見合っているのかどうかは少し不思議。
ただわずかでも利用する層はいるにはいるから、その層を掬い出す意味では使う意味はあるのかもしれない。




色々と話して閉店間際、キャストさんを褒めよう!と短い尺ながらもやったんだけど
ゆうりさんの良いところ!を与一が長々と話しすぎて全体のバランスが偏ってしまったのは申し訳ない。
認識のあるキャストさんだとオススメしたい事ってたくさんあるんですけどね!
短くまとめる能力が本当にないなーって改めて感じた。申し訳ない。
でもそれだけ熱意はあるのですよ!!

そんなこんなで気付けば5:00を周り解散。
アルコール入りすぎると過剰摂取したくなってしまい新宿でちょこっと飲むつもりが気付けば10:00。
帰って気絶するように寝て起きたら19:00でした。
お疲れ様でした!!

-与一のお気に入り記事